その他のチェック事項

利用するホテルで提供される食事の中でも、ビュッフェスタイルの朝食では、好みの料理を思う存分味わえますが、器が大きいと、盛り付けの状態が悪くなる傾向にあります。そうした問題に対処するべく、小型の容器や頻繁な料理の取替え、個々盛りの導入を行なっているホテルがあり、中高年者や立食形式の食事に否定的な顧客層の取込みにも成功しています。このようなスタイルの食事を提供するためには、サービススタッフと調理担当者が綿密に連携を取ることが必要不可欠な条件となります。

また、いくら美味しい料理が提供されたとしても、スタッフのサービスが悪いと、ホテルのレストランで朝食をとった時の満足度もそれだけ低いものとなってしまいます。そのようなリスクを回避するために、朝食時に必要不可欠なサービスが提供されるところを選ぶことが大切です。例えば、気持ちの良い朝食をとるためには、スタッフの元気な朝のあいさつも大切な役割を果たします。こうしたサービスを実践するためには、責任者が率先して模範を示し、スタッフのタイムリーな指導を行なうことが必要不可欠な条件となります。また、ホテルの朝食では、基本的に席の予約ができないため、レストランの入り口付近におけるスタッフの対応が大切なチェックポイントとなります。

Pocket