おすすめの朝食

ホテルのレストランで提供される朝食としては、こだわりや話題性のあるメニューがあることも大事になります。例えば、地元の農家で採れたフレッシュな野菜を素材としたサラダ、ブランド米を毎日自家精米した白米を提供しているところもあります。また、同じ食材でも、何らかのこだわりを持って選んだものを使用している場合、人気が高くなっています。そして、常に新しい情報をキャッチするためのアンテナを張り巡らせ、話題性のあるメニューをタイムリーに採り入れているところもおすすめです。その他に、一般的な朝食のイメージとは異なるものの、朝食時に自家製スウィーツを多数提供しているホテルもあり、女性やファミリーの利用客にたいへん評判が良いという話です。

また、ホテルの朝食がビュッフェ形式で提供される場合、好きなメニューを好きなだけ味わうことができます。その土地ならではのメニューを少しづづ取り分けて食べられるのは朝から沢山食べられない小食の女性には嬉しいサービスです。地元で人気のパンや新鮮野菜、ブランド肉などを沢山取り入れたビュッフェは見ているだけで幸せな気分になれるでしょう。

デザートや飲み物も、もちろん豊富にありますので、ホテルに泊まった朝はいつもより少し早く起きて朝食にゆっくり時間をかけてみても良いのではないしょうか?

参考|https://www.kobesannomiya.rei.tokyuhotels.co.jp/
・・・ビュッフェスタイルの朝食を提供している「神戸三宮 東急REIホテル」のホームページです。

 

チェックしたい点

これから利用するホテルを選ぶにあたっては、レストランの良し悪しも大切なチェックポイントとなります。例えば、ホテルで朝食をとる際には、料理やサービス、顧客へのアピール、付加価値という項目をチェックしておきたいところです。朝食に限った話ではありませんが、ビュッフェ形式の食事では、自分の好きなメニューを好きなだけ味わうことができるというメリットがあります。その一方で、ビュッフェスタイルの食事では、数多くのメニューを用意する必要があるため、往々にして、一つひとつの料理のクオリティやオリジナリティが下がる傾向にあります。そのような理由から、立食形式の食事が好きではないという人も少なからず存在します。

ホテルの朝食では、1日のスタートを切るための食事として、その日のエネルギー源となるべく栄養価の高い、バランスの良い食事が提供されることが大切です。また、ホテルの所在するエリアや、利用するシーズンの特色を活かした食材を使用していることもポイントが高くなります。そして、食事の好みは、一人ひとりの顧客によって違いがあります。そのような状況の中で、多種多様な趣味・趣向に対応することができることも大切な条件となります。

ホテルのレストラン

ホテルを利用する際には、レストランに関する情報もチェックしておきたいところです。ホテルで提供される朝食を例に挙げると、料理・スタッフの対応・顧客への働きかけ・付加価値がチェックポイントとなります。朝食に限らず、立食形式で提供される食事の場合、好きなものを好きなだけ食することができるのは魅力と言えます。一方、ビュッフェスタイルの食事の場合、料理の品数が多くなるため、どうしても1品1品の品質や独創性が低くなりがちです。

朝、ホテルで食事をする場合、その日1日のエネルギーの源となるような、栄養価が高くてバランスの取れたメニューを提供してもらいたいところです。また、地域や季節の特色を活かした素材を用いて作られたメニューの魅力もあります。そして、一人ひとりの顧客によって、メニューの趣味・趣向には違いがあります。それらのさまざまな好みへの対応が可能であることも、良いレストランの条件と言えます。また、ホテルのレストランで朝食をとる場合、こだわりや話題性のあるメニューも魅力的です。その他に、ビュッフェ形式の食事で、大きな器に入っている料理の盛り付けが崩れがちになるという問題を解決するべく、個々盛りのスタイルを採用しているなどの対応もチェックポイントになります。

ここでは、ホテルのレストラン利用について、詳しく解説します。利用するホテルをどこにするか、迷っているという方は、これからご提供する情報を是非参考にしてみて下さい。